自然派で人気の美容室
札幌市 円山の美容室 オアシスあんく

TEL 011-622-8828(予約優先)

WEB予約

  • instagram
  • TEL
  • WEB予約

星の深堀シリーズ 第6回 星の使い方・アリエスⅠ

2021/03/05

シリーズでお送りしている占星学の視点からの深堀 

今回は第6回 星の使い方・アリエスⅠ

 

こんにちは、OasisAnkh 広報/店内サポート担当の大橋朱美です(時々占い師としてもあんくに出没(笑))
しばらく 風の時代で語っていましたので こちらのテーマでは久しぶりです^^

季節は春へと向かっています
大きな変化が星の世界であったとしても
世界が変容を遂げるには時間がかかります

しかし 時間は止りません

こうしている間にも 現在は過去になり 未来は現在に進んでいくのです

前回まで 月を中心に語っていましたので
しばらくは太陽に焦点を当ててみましょう

少し先ですが 春分に目を向けてみましょう

春分は 太陽が北半球・南半球問わず まんべんなく地球を照らす日
日本のある北半球は この日より 昼が少しづつ長くなり夏至へ向かいます
星の世界では 一年の始まりとされ 
太陽と地球の位置を示す太陽黄経と呼ばれる度数はリセットされ0度を通過します
これも止まらないので0度になった途端に進み始めるので 通過すると表現します

この0度ですが、もちろん実際に表示があるわけではありません
世界基準になっているのは 昼と夜の長さです
世界基準で北半球・南半球同じく昼と夜の時間がある日が起点とされているのです

 

天文学的な話から 次に移動していきましょう

占星学の世界でも
この春分は起点です

おひつじ座が始まる日でもあります

おひつじ座 https://www.ankh-jp.com/

あんく おひつじ座

占星学には 身体との連携を学ぶ分野があります

おひつじ座は 始まりとして
人の体の頭をつかさどります

脳はインスピレーションを受け取り
身体の各部署に必要事項を伝達して
身体を動かし
思考を巡らせますね

星と美容を関連付けるならば

活動期の始まり 春分に計画を立てるにはもってこいです

活動期は 太陽の光も充分に射しこんで
氣持ちもアップしますよね^^

一年間を計画する必要はありません
春3か月でよいのです

4月・5月・6月

何をしたいでしょう
目いっぱい 思考を巡らせてみてください

叶えたい望みはなんでしょう?
それを叶えるためには何が必要でしょう?
叶えるための壁は何でしょう?

順序だてて考えるのは 計画で必要ですよね

計画を具体的に立てて
それを時間を少し置いて 改めて考えなおすと
違う視点で ヒントが見つかったりもします

星のセッションで 同じように計画を立てる方もいます

じぶんだけで考えていると
なかなか思いが進まないとか

誰かと ワークショップのように
話してみるのもよいですね

 

それも 星の自然の流れで知らせてくれるのです

おひつじ座で 思いをはじめ
おうし座で 考えなおし
ふたご座で 違う視点で物事を見てみる 誰かと話してみる

そんな 4月(おひつじ座)・5月(おうし座)・6月(ふたご座)です

煮詰まったときは
頭がヒートアップしているかもしれません

頭皮洗浄でクールダウンも有効ですね

私も 定期的に受ける頭皮洗浄で
頭をクールダウンし インスピレーションが研ぎ澄まされます

白昼下弦 https://www.ankh-jp.com/

白昼下弦

 

トータルバランス美容でHAPPY体質美人を創り♪
Hair&Make 『Oasis Ankh(あんく)』

札幌市中央区大通西24丁目1-10
アルファ円山ビル3階
(地下鉄円山公園駅 5番出口徒歩1分)
営業時間10:00~19:00
定休日 毎週月・火曜日
tel/fax(011)622-8828
mail:info@ankh-jp.com
http://www.ankh-jp.com

■予約フォームはこちら
https://www.ankh-jp.com/reservation/

 

 

続きは また次回にいたしましょう
今回のおしゃべりご案内は 広報/店内サポート担当 大橋朱美 でした

 

まじょれあの星詠みで
お悩みへのヒントや
ご自身がお持ちの 星周りを知りたくなりましたなら

あんくの店内でも セッションは可能です

完全ご予約となりますので
ご希望の日時を いくつか まじょれあに直接ご連絡願います
※メール・電話での対応は、すぐに受けかねる場合もございます 予約やお名前をお知らせくだされば折り返し対応させていただきます
詳細はまじょれあHPまで 

 

まじょれああんく http://www.ankh-jp.com

まじょれあ あんく

ページ最上部へ