自然派で人気の美容室
札幌市 円山の美容室 オアシスあんく

TEL 011-622-8828(予約優先)

WEB予約

  • instagram
  • TEL
  • WEB予約

自分にとっての「和」というモノ

2018/01/11

日本とは、日本人とはいったいどのようなモノなのでしょうか?
急速にグローバル化が進展する昨今だからこそ、
「自分はどうしたいのか、どう在りたいのか」を
自分に問いかける必要があるこの頃。。。

和 http://www.ankh-jp.com

みなさん、こんばんは。
トータルバランス美容プランナーの小原 木聖です。

最近、改めて和装の勉強をしているのですが、
ふとこちらの本が目にとまり、寝る前に少しずつ読んでおりました。

1852年7月、ペリーが黒船でヴァージニア州を出発した4か月前、
既にニューヨークの出版社から日本についてかなり正確な調査を記した本が
発売されていたそう(*゚Q゚*)

そして、この本の著者マクファーレンは日本とアメリカが戦ったらアメリカが勝つだろうとしたうえで、
ただし、その過程でどれだけの死者が出るかは想像がつかないと言っていました。

なぜなら、
日本の武士が「侮辱に対して毅然として決闘に訴える」という気質であり、
日本人が他のアジア人とは違う事を充分に感じとっていたからだそうです(*´_ゝ`)

当時、最初は半文明国だと思ってやってきた外国人が日本に魅せられ、
そして日本の心を理解しようとしていた人が少なくなかったという事も
またひとつの事実だったようで。。。

着物 http://www.ankh-jp.com

さて、現代の日本に話を戻しますが、
私が改めて和装を学ぼうと思えたのは
型にはまるだけではない楽しさを体感出来たからでした。

10年以上前に和にふれた時は
あれはダメ、これはダメという決まりに辟易して
楽しいと思えなかったというのがあります( ノД`)

しかし、だからと言って、
あまりにもくだけた和装スタイルも
自分としては好きだとは思えなかったのです。

「型は守りつつも自由な遊びがある和が好きだ」
自分がこうしようと決めたら
とたんにあれやこれやという余計な思いは消え去りましたo(^▽^)o

その時に私は、
つくづく
何が自分の軸かを自分で判断して、
それをもとに自分の人生を自己責任で創っていく、
グローバルな時代に入ったなと感じました。

どういう生き方をしていきたいか、
その幅はますます広がり
自然に沿った暮らしを重んじたいか、
はたまた宇宙のどこかに暮らしてみたいと思うか、
決めるのは自分だと思うのです(*^_^*)

ここから、美容という部分にお話を絞ってみます。
最近私が和装もいいなあと思うのは、
自分の体形が素晴らしく日本人体型であり
和装にマッチしているなあと思ったのもあります(笑)

また、和と他のモノをコラボさせてみたいという欲求が募ってもいます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

こんな事をしでかして
おおいに自分自身も楽しませて頂きました。

実は、
次のネタも密かに企画中ですv(o゚∀゚o)v

和 小原 木聖 http://www.ankh-jp.com

自分のベースとして、
楽しいと思う事を大事にしたいと改めて思っています。
そんな気持ちでいる時には
誰もが不安や焦り、憎しみなどの感情から解放されているように思うからです。

そして、
窮屈に思う縛りではなく、
「型」の美しさに黙って見とれてしまうのではないかと。。。

これからますます新しい和の時代がやってくると思いますが、
私にとっては
より美しい型と、より自由で楽しめる事を融合させていきたい
と思っております(^-^)/

ページ最上部へ