抗糖化と抗酸化パワーのあるアントシアニン♪

2018/01/08

肌が黄色くくすみ、ハリが低下する。
髪がヤセて抜けやすくなる。
ハム、ソーセージ、ベーコンなどの加工品や揚げ物をよく食べる。
運動はあまり好きじゃない。

~老化を早める「抗糖化」対策は大丈夫ですか?

抗糖化 http://www.ankh-jp.com

皆さん、こんにちは。
トータルバランス美容プランナーの小原 木聖です。

本日は、自分自身も耳が痛い「糖化」に関するお話です(苦笑)

食事時間がバラバラになりやすく、あまり噛まずに急いで食べていたり。
運動不足気味だったり。
ついつい炭水化物が多くなりがちだったり。

そのうえ、よくお酒を飲む方(週に4回以上)は要注意!
(私はお酒はたまにだけですが。。。)

現代人の生活は、
何も気を付けないでいると糖化しやすいですね(;д;)

最近、タイムリーに自分の周りで糖化の話がとびかってまして、
ついには、日本エステティック協会会報誌(2017年4月号)にもその話題が。

そちらに出ていた老化度(機能年齢)の診断の図と

肌年齢 http://www.ankh-jp.com

老化の危険因子の表をご覧頂きますね。

老化の因子 http://www.ankh-jp.com

体年齢は、実年齢の7割位が目標との事。

一度、きちんとチェックしてみたいものですね。

さて、老化の危険因子の図ですが、
「やっぱり抗酸化、抗糖化が大事なんだなぁ」と思うのですが
(もちろん他の要因も大事ですが)

最近、抗酸化で有名なポリフェノール(アントシアニン)に、
抗糖化作用もある!という説を聞く機会が幾度かありました!

抗酸化 http://www.ankh-jp.com

私、ベリー系が大好きなんですよね。
なので、よくボリボリと食べているのですが、
これは一石二鳥??(笑)

ベリー系といえば、
北海道には「ハスカップ」と呼ばれる
ブルーベリーの何倍ものアントシアニンが含まれている植物をご存知ですか?

アイヌ民族の方の間では
古くから不老長寿の実と呼ばれて重宝してきたものなんです。

ハスカップ http://www.ankh-jp.com

アントシアニンにもいろいろな種類がありますので、
ハスカップのアントシアニンにどれだけの抗糖化作用があるかはまだわかっていませんが、
道民としてはとても気になる内容であります(*^_^*)

今後に期待ですね。

さて、
最近皆様からいろいろなご相談を受ける事が増えてきました。

「まず、美容の相談だけしたい」
そんな方のために
TBBP美容カウンセリング:5,000円(60分)というコースをご用意しております。

詳しくはこちらもご覧ください

必要な方は、
お気軽にお問い合わせくださいね。

では、
ご一緒に老化を早めないようにちょっとだけ気を付けながら
楽しいHAPPY LIFEを謳歌していきましょう♪

ページ最上部へ