医食同源

2018/01/07

陰陽五行説に基づいて食を考えた場合、
食品一品だけでものを捉えたりはしないといいます。

つまり、食物同士の組み合わせや食べ方の工夫で
美味しく無理な制限のないように食を楽しみ
健康寿命を可能にしているのだそうです。

医食同源 http://www.ankh-jp.com

皆様、こんばんは、小原 木聖です。
世の中はお正月真っただ中、美味しいお食事を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?

私もその一人かもしれませんが、
実は暮れに食のバランスが崩れたまま突っ走ってしまったせいか
身体が重くて仕方がないような気がします(´・_・`)

これはいけないと思い、
2017年は本当に健康を手に入れようとあれこれ対応策を検討中です!

昨年から取り組んでいるのが、糖質制限。

こちらの本でも、『3:2:1ダイエット』として紹介されています。

特に、脂肪と糖質を一緒にとると太る!
という事で栄養素の比率を重視していきます。

たくさん食べても良い「3」の割合のものは、
野菜、海草、きのこ類のようなビタミン、ミネラル、食物繊維食品。

続いて「2」の割合のものは、
肉、卵、魚貝、チーズ、豆腐のようなたんぱく質食品。

そして、極力減らしたい「1」の割合のものは、
ご飯、パン、麺類、ケーキ、甘い果実のような糖質食品。

例として「トンカツダイエット」をご紹介しますと、
低カロリーの野菜をおなかいっぱい食べ、
高カロリーのトンカツを全部食べ、
そしてご飯少々といえるのです(´∀`*)

続いて、
お野菜GET上級者、「デザイナーフーズ」をご紹介します。

デザイナーズフード http://www.ankh-jp.com

頂点に近い食べ物ほど、
ガンの予防効果が高い、抗酸化物質を含む食品だといわれています。
これらの食品は病気予防はもちろん、
いつまでも若々しくいられる美容効果も高いですよね(* ´ ▽ ` *)

今年は
自己管理を
面白おかしく楽しくシンプルに
徹底してみたいと思っています(^∇^)ノ

ページ最上部へ