自然派で人気の美容室
札幌市 円山の美容室 オアシスあんく

TEL 011-622-8828(予約優先)

WEB予約

  • instagram
  • TEL
  • WEB予約

健康で美しい髪には土台(地肌)が大事。

2018/01/08

最近は年齢を問わずに“白髪” “抜け毛” “薄毛”などの
髪のトラブルで悩む人も多くなってきました。

自分の洗い方が悪いのか?
シャンプーやトリートメントがあっていないのか?
生活習慣、体質…?

考えられる理由は様々です( ゚Д゚)
悩みを解決するために髪の毛自体をケアしている人はいますが、
何よりも大切なのは”頭皮(地肌)”をケアすることなのです!!!!

お血 ハーブマジック http://www.ankh-jp.com
↑私の腕です。細かな紫色をした血管まで浮き出ていたので、
 かなりお血の状態です(笑)

こんにちは!スタッフの小泉です(^^)/
髪の悩みが年齢性別とわずに増えてきました。
今回は少しでもみなさんが健康で美しい髪を育てていけるように
どんなことが大切なのかをお伝えしてますね

【髪の健康は頭皮が関係!】
〇血流が大切
 髪は身体に行きわたった血液(栄養)の余りによってできています。
 血行が滞ると、末端にある頭皮などにはさらに血液が行かなくなってしまいます。
 さらに血液の流れは頭の後ろから前に向かっているので、
 少しでも流れが悪いと前髪の方まで血液(栄養)が届きにくくなってしまいます。

〇頭皮の血流が滞る原因
 冷え性・睡眠不足・生活習慣の乱れ・ストレス・ホルモンバランスの変化・アレルギーなど 

このように血流が停滞している状態を東洋医学では“お血(おけつ)”と呼びます。

【お血チェック!】 ※当てはまるものが多いほど要注意です!!
クマができやすい
 生理不順
頭痛、めまいがある
 舌の裏の静脈が濃い紫色
冷え性または身体がほてりやすい
 痣ができやすい
 便秘ぎみ
 手首や足の血管の色が濃く浮き出ている
→特に紫色の血管が見えている方は要注意!です

【改善するには!】
 湯船にしっかり浸かる
 お腹を温めて、首や頭を冷やす(頭寒足熱)
 →普段からお腹に湯たんぽをおく

湯たんぽ 頭寒足熱 http://www.ankh-jp.com

 適度に運動を行う
 暴飲暴食は避ける(甘い物、スナック菓子類)
 →温野菜、青魚、納豆、オリーブ油、黒砂糖、コーン茶など
  なるべく温かいものをとるように心掛ける 
 睡眠をしっかりとる
 ストレスを溜め込み過ぎない

簡単にできることばかりですが、
不規則な生活を送ることが多い現代人にとっては
なかなか難しいかもしれませんね

改善策の一つとして”頭寒足熱”をあげましたが、
その理論を取り入れた頭皮洗浄というものがあります。

アンクでも人気メニューとなっているHM(ハーブマジック)の頭皮洗浄について
既に知っている方もいるかとは思いますが簡単に説明しますね

数十種類の植物エキスを配合した生薬をシャワー状にした水と一緒に
頭皮にあてていくハイドロセラピーという水圧療法です。

ハーブマジック 頭皮洗浄 http://www.ankh-jp.com

頭は冷やし、お腹は湯たんぽで温められることで、
全身の血流がよくなります。
血行が悪い状態になると白髪や抜け毛、
毛穴が閉じてしまうことでくせ毛や切れ毛の原因にもなってしまいます。

洗浄を続けていくことで、
血行が促進されデトックス効果もバッチリです( ̄^ ̄)ゞ
お血の状態が改善することで、
健康な身体になる手助けをしてくれます。

HMの頭皮洗浄については、こちらのページをご覧下さいませ↓
http://www.ankh-jp.com/beautiful-hair-menu/clinic-care/

今まで健康な髪とお血についていろいろなことをかいてきましたが、
つまり…!!!

健康な髪=健康な頭皮(地肌)=身体がお血の状態ではない

ということです。

また、血液は主に臓器などの生命に関わる部分から優先的に運ばれて行きます。
髪などは直接命に関わる部分ではないので、かなり後回しになっています。
病気やケガをするとそこから治そうと身体が一生懸命に血液を送るので、
余計に髪・爪・肌に行かなくなってしまいます

老化によっても白髪はでてきます。
年齢が若いうちから目立つ様になっているのは、
アレルギーが原因か、血液が滞っていることが多いのです。
髪の悩みを解決するのにはかなり“お血”というのがポイントになってきますよ
頭皮洗浄の代用としてしっかり湯船につかり、
頭を洗うシャワーの温度は少し低めにしてお家でも頭寒足熱を意識してみてください!

みなさん今から少しずつ普段の生活を見直してみてください
全てこなすのは大変かと思います。
自分のできる範囲から始めてみるのはいかがでしょうか?

ページ最上部へ